銀行 フリーローン

西日本シティ銀行フリーローンの返済期間と利息

西日本シティ銀行フリーローンは、西日本シティ銀行のローン商品の1つです。
西日本シティ銀行は、福岡県福岡市博多区に本店がある地方銀行で、2004年(平成16年)に、地方銀行の西日本銀行と第二地方銀行でもある福岡シティ銀行が合併して誕生したと言う歴史が有ります。
西日本シティ銀行フリーローンは、10万円から最高で500万円までの間で1万円単位でローンを組む事が出来るローン商品で、使い道を自由に決めることが出来る事や、来店不要で申込みが出来るなどのメットを持ちます。
また、アルバイトやパートをしている人、自らの収入を持たない主婦で配偶者に安定した収入がある専業主婦も申込みが可能ですし、年休受給者の人も申込みが可能で、最高で50万円までのローンを利用する事が出来ます。

また、西日本シティ銀行フリーローンは、申込金額300万円以内の場合は収入証明書の提出が不要になると言った特徴も有ります。
尚、西日本シティ銀行フリーローンの返済は、6か月以上10年以内になっています。
また、繰り上げ返済を行う場合の手数料が無料になると言う利点も有ります。

返済期間は長くなる分、多くの利息を支払う事になりますが、繰り上げ返済を行う事で早く返す事が可能になり、その結果多くの利息を支払う必要が無くなると言ったメリットが有ります。
また、繰り上げ返済以外にも、6か月毎の増額返済も可能にしており、支払う利息を少なく出来ると言うメリットが有ります。

銀行のフリーローン審査のポイント

銀行のフリーローンは審査に合格することが必須となります。フリーローン審査ではいくつかの重要なポイントがあります。
まず、銀行からフリーローン融資を受けるためには信用情報に問題がないことが重要です。過去において返済が遅れたことがったり任意整理など債務整理をして借金を清算したことがあると、それは信用がかなり落ちている可能性があるので、申し込みをしても不合格となる可能性は高いと言えます。信用情報はある程度の期間を経過すると元に戻るので、信用が落ちている可能性があるなら信用が戻ってから申し込みをすると良いです。

次にフリーローン審査では借金があるかどうかも重要なポイントなので、申し込みをする時はなるべく借金を持っていない状態で申し込みたいところです。借金の金額が大きいほどフリーローンを利用することが難しくなります。上記のポイントは非常に重要ですが、あとは自分の年収も重要です。年収は大きく稼いでいる人ほどよいものです。銀行で小額のフリーローンを利用するなら収入が少なくても審査合格することは可能です。これは総量規制がないために所得証明がなくても申し込みをすることができるからです。なので、実際は年収があろうがなかろうが申し込める仕組みです。

しかし、大きな限度額を希望する場合は年収で返済能力が高いということをしっかりと認められることが重要となります。

銀行のフリーローンは低金利です。

“銀行では、さまざまな個人向けローンを取り扱っています。
例えば、マイホームを購入する資金を融資する住宅ローン、リフォーム資金を融資するリフォームローン、マイカーの購入資金を融資するマイカーローン、お子さんの教育資金を融資する教育ローンなどです。
ここで、上記のローンは、全て、融資したお金の用途が限られるローンです。これに対して、融資したお金の用途が限定されないフリーローンというものもあります。

フリーローンでは、借り入れたお金を自由に使用することができます。例えば、結婚資金、出産資金、旅行費用、高額商品の購入費用などです。ただし、このフリーローンは、あくまでも個人に対して融資するものであるので、事業性資金には使用できません。また、不動産の購入資金や株式購入資金など、投資用の資金には使用できない場合もあります。

銀行によっては、保有する不動産等を担保にして借り入れる有担保ローンと、担保を入れない無担保ローンとを用意しているところもあります。当然、担保をとる有担保ローンは、無担保ローンよりも融資の焦げ付きリスクが低いことから、低金利となっています。
また、無担保のフリーローンであっても、同じく資金用途の限定のないカードローンに比べると金利はかなり低いです。銀行にもよりますが、例えば、年率4%~6%ぐらいです。
カードローンと比べて審査がやや厳しいという点はありますが、フリーローンの申し込み条件を満たしているのであれば、カードローンではなく、フリーローンを利用してお金を借りる方が賢明です。”

フリーローンの金利比較は重要である

フリーローンは何を見て選ぶべきなのか、これは当然金利である。フリーローンというのはお金を借りると返済利息が発生しますが、この利息が安いかどうかによってメリットが変わってきます。同じ限度額の借り入れをする場合でも利息は安い方が好ましく、しっかりと金利を比較してフリーローンを選ばなければ損をすることもあります。まず、フリーローンの限度額を小口として持つのか大口として持つのかをしっかりと決めることが必要です。こうして限度額を決めておけば、金利比較をしやすくなります。フリーローンの金利は限度額が小額ならば年率の上限利率が適用されるので、その点をしっかりと比較しておくと良いです。大口融資の場合は下限に近い利率が適用されるので、その点を比べる必要があります。実際に利率を比較する方法としてはインターネットを活用することが好ましいです。インターネットなら色々なサイトで簡単にフリーローンの金利を比較することができるので、とても便利です。各社の情報を調べていきますと、利率が安い会社というのは意外とたくさん見つけることができます。特に銀行系の会社になると利率が他の会社よりも低くなっている会社が多いものです。上記のようにしっかりと利息を安くしてお金を借りることができる会社を見つけることが重要です。利息が安くなることでかなり返済をしやすくなりますし、お金を借りやすくなります。メリットの大きな会社をうまく見つけると良いです。